便秘解消 食べ物

便秘を解消する食べ物とは?

便秘に効く食べ物

 

便秘を解消するためには、腸内の善玉菌を増やし、腸のぜん動運動を促進しなければなりません。

 

そして腸内の善玉菌を増やすためには、善玉菌を含む食べ物を摂取して善玉菌を腸まで届けるか、あるいは腸内にいる善玉菌の餌となるオリゴ糖や食物繊維等を含む食べ物を摂取するかのいずれかが必要です。

 

まずは善玉菌を含む食べ物からご紹介したいと思います。

 

善玉菌を含む食べ物

 

@ キムチ

 

キムチや漬物に含まれる植物性の乳酸菌は、胃酸で破壊されることなく生きたまま無事腸まで届く善玉菌です。

 

A ヨーグルト

 

ヨーグルトには善玉菌が多く含まれていますが、特におすすめなのはパッケージに「プロバイオティクス」と記載されたもの、あるいは「特定保健用食品(トクホ)」認定を受けたものです。

 

「プロバイオティクス」とはビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌で、しかも生きたまま腸まで届くものを指します。

 

また、トクホ認定を受けたヨーグルトはその整腸効果が国によって保証されています。

 

B ナチュラルチーズ

 

ナチュラルチーズに含まれる乳酸菌も腸を活性化してくれます。

 

C 味噌

 

味噌にも乳酸菌が含まれています。ですが、ここでひとつ気になることが。加熱して味噌汁として飲んでしまっても乳酸菌は死なないのでしょうか?

 

答えは、死にますが死んで届いた場合は腸内の善玉菌の餌になるのでちゃんと便秘解消に役立ちます。

 

善玉菌の餌となる成分を含んだ食べ物

 

@ 納豆

 

納豆菌は胃酸や胆汁に強いため生きたまま腸に辿り着きます。そして腸内にいた善玉菌と一緒になって特殊な酵素をつくり出し、悪玉菌をやっつけます。

 

さらに納豆には、善玉菌の大好物で悪玉菌の苦手とするオリゴ糖も含まれており、このオリゴ糖を食した善玉菌が元気な腸内環境をつくり出してくれるのです。

 

A バナナ

 

バナナには食物繊維とオリゴ糖が多く含まれています。いずれも善玉菌の好物ですね。

 

さらにバナナは、朝の食事に水分と一緒に食べると便秘への効果が高いと言われています。

 

B ヨーグルト

 

ヨーグルトは善玉菌を含んだ食べ物であると同時に、善玉菌の餌となるオリゴ糖を含んだ食べ物でもあります。

 

食べ物以外で便秘解消効果のあるもの

 

@ 酢

 

お酢に含まれる酢酸は、体内でクエン酸に変化して腸内の悪玉菌を殺菌します。また、腸を刺激する作用もあります。

 

A オリーブオイル

 

中でも便秘解消効果があるのは、酸化しにくいオレイン酸を多く含んだエキストラバージンオリーブオイル。このオレイン酸は、体内で吸収されにくいため腸まで届いて腸を活性化してくれます。

 

スプーンで1〜2杯くらいを朝晩に飲むと、高い便秘解消効果が期待できます。

 

便秘解消効果のある食べ物まとめ

 

便秘に効く食べ物

 

便秘を解消する効果のある食べ物は、どれも入手しやすく、普段から食べるようなものばかりですね。

 

今までより注意してこのような食べ物を摂取するようにすれば、お悩みの便秘の解消に効果があるかもしれません。

 

>>便秘も解消!今注目のデトックスティーはこちら

 

 

>>トップページへ戻る